アルコジャーノ

main

材料へのこだわり

 

 

material1

 

material2

本物の材料を使う。

アルコジャーノを代表するジェラートの一つ、リッチミルクには通常の牛乳は使用せず、地元酪農家の生産した低温殺菌乳のみを使用しています。
牛乳本来の風味と味わいを持つ低温殺菌乳はラテ・フレスコ(フレッシュミルク)と呼ばれ、本場イタリアでも高温殺菌牛乳と区別されており、味・風味においてだけでなく商品としても、別格の商品として扱われています。

もちろん日本国内でも、その構図は同じ。
それだけでなく、コストも高く、流通に乗せるには利益が見合わないという事で、大手乳業からは販売されていないのが実情です。
私たちは商品化の段階で試食を重ねながら、ミルクジェラートに低温殺菌乳を試用してみました。
大手が敬遠する理由同様、コスト的に合わない事もあり、あまり乗り気でいなかったスタッフも低温殺菌乳の持つ風味と舌触りの優しさに驚き、その驚きはやがて、納得の行く商品を創り続けていきたいという熱意へと昇華していきます。

私たちアルコジャーノは特別な技術を持ち合わせている訳ではありません。
また天才的なアイデアが閃く訳でもありません。
納得の行く材料を使い、出来るだけ自然の味をそのままお届けする、そのためにアルコジャーノでは本物の材料を使う他なかったのです。

またピスタチオには、エッセンスもペーストも使用していません。
イタリアンジェラートの中で高級メニューとしての地位を確立しているピスタチオは材料の価格から、一般的な流通に乗り難いメニューの一つです。
同様にチョコレートもベルギー産チョコレートのみを使用し、求めるジェラートに少しでも近づく。
納得の行く材料を必ず使い、納得の行く味を目指す事。
それが私たちの材料へのこだわりです。

 

 link_cream link_milk

 

banner_shopsite